初鹿明博さんを国政へ!

2017年10月20日 01時21分 | カテゴリー: 活動報告

国会議員を持たない地域政党・生活者ネットワークにとって、信頼できる国会議員との連携は不可欠です。

生活者の視点で、環境・福祉優先のまちづくりをすすめる私たちにとって、立憲民主党・初鹿明博さんは大切なパートナーです。

 *東京・生活者ネットワークの衆議院選挙取り組み方針及び候補者推薦はこちらから。

非正規労働を強いられ、暮らしが豊かにならない若者、社員の生活を守るために四苦八苦する中小企業の社長さん、家庭の介護や子育てでおしつぶされそうな人、障害や難病に苦しむ方々、なかなか理解を得られないLGBTの人、DVや虐待に怯えながらの生活を余儀なくされる人たち・・・

声を上げられずにいる人々に寄り添い、国政に声なき声を届け、生活の課題を解決する。
誰ひとり置き去りにせず、見捨てない政治の実現。それが初鹿さんのミッションです。

初鹿明博さんは、任期中、国会の超党派で構成する「公共事業チェック議員の会」の事務局長も務めてこられました。限りある財源を多様な人々の生活を豊かにするために使っていくには、大型公共事業のあり方を引き続き厳しくチェックしていくことが必要です。

 *スーパー堤防地耐力不足に係る国会質問はこちらから。
 *公共事業チェック議員の会を引率されたスーパー堤防視察の模様はこちらから。

全国各地で公共事業改革に取り組む多くの市民が、初鹿明博さんの国政での活躍を願っています。

 *こちらをどうぞ。なお、前事務局長の大河原雅子さんは立憲民主党北関東ブロック比例単独で立候補。栃木、埼玉、群馬、茨城にお住いのみなさん、「政党名」でどうぞご支援ください!デンカツ大作戦はこちらから。

 *八ツ場ダムに関する公開アンケート結果はこちらから。

「安倍政治を許さない」江戸川区民がつながってできた「江戸川総がかり行動」では、この間野党共闘を進め、「市民連合えどがわ」が立ち上がりました。初鹿明博さんは、野党統一候補となり、党派を越え、多様な人々が一丸となってこの選挙を闘っています。

どうぞ投票にお出かけください。
投票日は22日(日)ですが、今日も明日も投票をすることができます。ご案内は こちらから。

大切なその一票で、立憲主義と民主主義にもとづく「まっとうな政治」に変えていきましょう!

「市民連合えどがわ」による応援演説(10/15)。訴える生活者ネット・本西みつえ。